人間が生まれてから成熟するまでの発達過程

ピアジェは子供の知能が感覚運動期、前操作期、具体的操作期、形式的操作期という4段階を経て発達すると説明すると考え、世界で初めて知能テストを作っている。